Sad young woman

不眠症の治し方

the win bottles

もしかして不眠症かも?と思ったら早めに治療してしまいましょう。とは言っても、病院に行く時間がなかったり、病院に行くことに抵抗がある人もいますよね。そんな時は生活リズムを整えて、それでもダメならデパスを飲んでみては?

もしかして不眠症?

a woman feeling headache

「最近眠れない」「夜中に目が覚めてしまう」なんて症状ありませんか?
もしかしたらそれは不眠症かもしれません。
そんな大げさな、と思うかもしれませんが、
日本人の5人に1人は不眠症と言われているにも関わらずまさか自分が不眠症とは思わず適切な治療を行っていない人がかなり多いんです。
睡眠不足によって仕事に集中できない、体調が悪いなど、日常生活に支障をきたしている場合は、
自分が不眠症であることを自覚し、病院などで診てもらった方が良いでしょう。
不眠症と言うと、「全く眠れない」と言うイメージがありますが、実はそれだけではありません。
寝つきが悪くなる「入眠障害」や夜中に何度も目が覚めてしまう「中途覚醒」、朝方に目が覚めてしまって眠れなくなる「早朝覚醒」、眠りが浅いために体の疲れが取れない「熟眠障害」なども不眠症の症状になります。
こんな風に症状を並べると、思い当たる人も多いのではないでしょうか。
一般的に不眠症はストレスなどが原因で発症しやすいといわれていますが、それ以外にも寝る前に携帯やパソコンなどのブルーライトに当たったり、カフェインを取りすぎて体が睡眠モードになっていなかったり、アルコールの飲みすぎや煙草などの嗜好品、精神疾患だけでなく体の疾患なども不眠症の原因だと言われています。
不眠症は夜に十分な睡眠がとれていない分、日中仕事をしている間に眠くなったり、疲労が溜まることで病気になりやすくなったりする危険性があります。
また、それだけでなく睡眠不足によりうつ病などの精神疾患にもなりやすくなるので注意が必要です。
もしうつ病と診断された場合でも治療薬の投与により、完治することが出来るので安心してください。
デパスと呼ばれる抗不安剤を投与することによって脳内の神経に作用し、不安や興奮を抑えリラックスした状態になります。
そしてデパスにはエチラームと呼ばれるジェネリック医薬品もあります。有効成分エチゾラムを配合しており、デパスと同様の効果が期待出来ます。
またジェネリック医薬品の為、エチラームは安価で購入することもできる為、常用する方にとってはエチラームの方が財布に優しく経済的でもあります。
人気のデパス以外にも抗うつ剤、抗不安剤は多種あります。レクサプロやパキシルと言った抗うつ剤は安全性も高く副作用も比較的弱いと言われています。通常の治療薬よりも依存性も高くありません。
デパス|うつ病|睡眠障害

睡眠薬の効果

a man feel headache while using laptop

睡眠薬と聞くとなんとなく怖いイメージがあると言う人もいるかもしれません。でも使用方法を守れば安全に使うことができます。不眠症のタイプによって合う薬も変わってくるのでまずは自分のタイプを知ることが大切です。

御守り替わりにデパス

many type of medicines

不眠症には、日中の感情の昂ぶりも原因となっています。うつ病などの場合は日中に突然イライラしたり、極度の緊張や不安に襲われることがありますが、即効性のあるデパスならすぐに静めてくれますよ。